再建築不可物件が低価格で購入できると話題に

購入する上で大事なこと

住宅模型

必要な手続きや諸経費

不動産購入においては、様々な手続きが必要になります。そして手続きのたびに、様々な諸経費がかかります。諸経費は購入する不動産の価格によって上下するのが一般的です。不動産というのはとても大きな買い物です。価格によっては、手続きにかかる諸経費だけで100万円単位の出費になります。あとで予算オーバーになって慌てないために、不動産購入をする前にきちんと資金計画を立てることが大切です。鎌倉でマンションや戸建てを購入する場合も同じです。特に鎌倉は不動産の相場が高めで、軽々しく購入できない物件ばかりです。鎌倉に住むと決めたなら、どの場所にある物件がどのくらいの価格で売られているのか、ネットでリサーチすると参考になります。不動産会社に問い合わせれば、物件内覧ができます。内覧をして予算で購入できる範囲でお気に入りの物件があったら、購入の申し込みをします。この購入申し込みでは、約10万円の申し込み金が必要になります。多くの人は鎌倉で不動産を購入するときに金融機関に融資を申し込みます。このときに作成する契約書には印紙税が課税されます。また、金融機関での事務手数料も必要です。すべて合わせると3万円程度の出費になります。売買契約では手付金が必要です。手付金は物件価格の約10%です。また、中古物件の取り引き成立に際しては仲介手数料がかかります。仲介手数料は法律で上限が決まっていて、物件価格の約3%+6万円です。