再建築不可物件が低価格で購入できると話題に

人気の場所に住むために

湘南は既にブランドとも言われるほど人気の高い場所で、ここに住むためにマンションや戸建てなどを購入するという人もいます。不動産は大きな買い物ですから住宅ローンを利用する人が殆どですが、ローンの借入額が心配ならペアローンを組むという方法もあります。

低予算で住宅を手に入れる

積み木

訳ありだが快適に暮らせる

現行の法律では、原則として幅4メートル以上の道路に対して2メートル以上の間口が開いていない土地には、住宅を建てることができないとされています。これは接道義務と呼ばれており、主として防火・防災の観点から設けられている規定です。ただ、この法律の施行以前にすでに建てられていた家屋は、建て替えはできないものの引き続き住宅として利用することができます。このような物件を、再建築不可物件といいます。近年、この再建築不可物件に対する人気が高まっています。その理由は、経済面での魅力が非常に高いからです。当然のことながら、再建築不可物件はすべてが中古物件となります。また、いったん更地にしてしまうと再建築が可能になる要件を満たさない限り住宅を建てることができません。そのため、土地の資産価値が通常に比べて低いのです。では、再建築不可物件の具体的な活用法はと言うと、1つはリフォームやリノベーションを行って自ら住むことです。再建築不可物件は建て替えはできないものの、増築や修繕などは可能です。そのため、古い家でも手を入れることによって快適に住まうことができます。本体価格自体が割安なため、リフォームの資金計画も立てやすくなります。もちろん現状に不満がなければ、そのまま住んでも構いません。もう1つは、収益物件として活用することです。貸家として他人に供用した場合、一般の住宅より投資額が低く抑えられるため、利回り面で有利になります。

購入する上で大事なこと

住宅模型

鎌倉市内には価格が高いマンションや戸建てが多いので、購入するときに諸経費だけでもかなりかかります。鎌倉で不動産を探して購入するつもりなら、諸経費のことも計算して、十分に資金を用意しておくことが大切です。

予算の準備から始める

男性女性

焼山の不動産を購入するときにはまずは予算を準備することから始まります。条件を決めた上で不動産会社に相談して物件を紹介してもらい、内覧を経て候補を決めましょう。そして、売買交渉を経て売買契約を締結し、ローンを借りて支払いを終えれば不動産が手に入ります。